生地刺繍デザイン

有名ブランド

ブランドスカジャンのブランドで有名どころと言えば、「テーラー東洋」でしょう。そのほかにも、人気のブランドはいくつかあります。

みなさんは、お気に入りのスカジャン・ブランドというものはありますか?ここでは、私が個人的に選んだブランドを紹介しましょう。どれも個性的なブランドでおすすめです!


「テーラー東洋」

【歴史】のページでも紹介しているように、スカジャンはもともと横須賀に駐留していた米兵たちのお土産用として作られました。スカジャンの有名ブランドとして、すっかりお馴染みになった「テーラー東洋」が、スカジャンそのものの誕生に深くかかわっていることをご存じでしょうか?

当時、東京の銀座の露店で飛ぶように売れていたスカジャンに米軍基地内の購買部PXは、生産元の港商商会に正規ルートでの販売を持ちかけました。以来、各地にある基地でもスカジャンはどんどん売れて、港商商会はその規模をしだいに拡大していきました。この港商商会が、のちに「テーラー東洋」(東洋エンタープライズ)となるのです。

こうして「テーラー東洋」がスカジャンを生み出して長い年月が経ち、なお、スカジャンと言えば一番に「テーラー東洋」の名前が出てくるような有名な老舗ブランドに成長しました。

THE FLAT HEAD(ザ・フラット・ヘッド)

長野県のビンテージショップが前身となり1996年に誕生したザ・フラット・ヘッドは、1950年代を中心としたビンテージウエアのディテールと、現代の技術とを融合したモノ作りをコンセプトにしているアメカジブランドです。なので、スカジャン専門のブランドというわけではありません。

ザ・フラット・ヘッドは誕生から10年以上経って、人気ブランドの一つとなっていますが、徹底した素材へのこだわりと、職人気質なモノ作りは今も健在!これは、大量生産を目的としたモノ作りでは決して表現することのできないザ・フラット・ヘッドの大きな特徴とも言えますね。また、そこに現代的な要素をプラスしている点も見逃せません!

高度な技術を取り入れて丈夫な作りにし、日本人の体型などを考えたシルエットにするなど、耐久性や着心地も考慮しています。ザ・フラット・ヘッドのスカジャンはリブの風合いや、刺繍の立体感にも職人技が見てとれます。

CROPPED HEADS(クロップド・ヘッズ)

クロップド・ヘッズは、迫力のある和柄のデザインをモチーフにしたアイテムを多く発表しているブランドです。もちろん、スカジャンも和柄ですね!和”をテーマにしているデザインは斬新で、個性的なものばかり!

クロップド・ヘッズのスカジャンは、人気映画「クローズ」でも主人公が着ていたことでも知られているのではないでしょうか。2001年に誕生したばかりの比較的新しいブランドですが、その独特のデザインで、数多くのファンを魅了し続けています♪

オリジナルデザインを中心に、着物デザイナーとコラボレーションしたり、刺繍と抜染の組み合わせや、墨汁プリント・インディゴプリントなど、“和”と“アメカジ”を上手にミックスしているのがクロップド・ヘッズの特徴です。

こういったクロップド・ヘッズならではの技法で、インパクトのあるスカジャンを作っています。

「ちきりや」

「ちきりや」は、絵師の増田真知子さんの作品を洋服にしたブランドです。彼女の個性的な絵はとても魅力的で、たくさんのファンがいます。刺繍デザインだけでなく、着心地なども抜群!ウサギや金魚、牡丹の花など可愛らしいモチーフが多く、「ちきりや」のスカジャンは女性の愛用者が多いことも特徴として挙げられます。

なかでも、龍とウサギの組み合わせが人気となっています♪日本で古くから使われた家紋の“チキリ紋”は、織り機の経糸を巻く部品をつなぐ軸のことを指す「ちきり」に由来しています。平安時代には“二つを契る”という意味のおめでたい家紋だったと言われているんですよ。このことからも、機織りの仕事が特別の意味を持っていたことが分かりますね。
みなさんも、このブランドでなければ出せない独特の世界観を味わってみませんか?