生地刺繍デザイン

どこで買う?

どこで買う?みなさんは、スカジャンをどこで買いますか?

今は、通販でお気に入りを買う人も多いようですね。ネット販売のスカジャン専門店も増えています。通販は便利ですが、ここでは通販以外でスカジャンを買う方法を紹介していきましょう。

「どこで買おう?」と迷ったときには、ここを参考にしてください。


「どぶ板通り」

まず最初に紹介するのは、神奈川県の横須賀にある「どぶ板通り」!ここは基地がすぐ目の前にあって、昔ながらのスカジャン専門店をはじめ、刺繍屋さんや肖像画店、お土産屋さんなど、約120店舗もが300mほどの通りに軒を連ねています。

どぶ板スカジャンは、まさにこの「どぶ板通り」で生み出されたファッション・アイテムの一つです!「かながわの名産100選にも選ばれたことがあり、オリエンタルテイスト漂う刺繍が多くの人の心を引き付けます♪「横須賀で買うからスカジャンになるのであって、他のところで買えば普通の刺繍入りジャンパー」とまで言う人もいるんですよ。

ちなみに、どうして「どぶ板通り」と呼ばれるようになったのかというと…昔、道の真ん中にあったどぶ川に鉄板を敷いたことに由来しています。

「アメ横」

「アメ横」も、スカジャンでよく知られている場所の一つです。「アメ横」は、東京都台東区御徒町駅〜上野駅にかけて伸びる約400mの商店街で、およそ400店舗がずらりと立ち並んでいます。

この「アメ横」というのは略称で、正式名称は「アメヤ横丁」といいます。昔、アメリカ軍の放出品などのアメリカ製品が多く売られていたことや、飴屋さんが多かったことなどから「アメヤ横丁」と呼ばれるようになったと言われています。

アメ横また「アメ横」のセンタービルには、都内で唯一とされるスカジャンの専門店があり、大勢のファンが訪れているんですよ。

スカジャン誕生当初の雰囲気を忠実に再現している、本場桐生の職人さんによって施された刺繍が人気を呼んでいます!

このほか、「アメ横」周辺にも、スカジャンの販売店はいくつかあるので、ハシゴして歩くのも楽しいでしょう♪

フリーマーケット

専門店やブランド物のスカジャンにこだわらないのであれば、フリーマーケットでお気に入りを探してみるのもいいでしょう。質のいいものが安く売られていることもありますよ!意外とスカジャンに詳しくない人が知らずに良いものを出品していることも、時にはあったりします。

また、フリーマーケットなら、全体的にどんなスカジャンでもお店で買うよりは安く買えると思います。ちょっと高めだなぁ〜と思うようなスカジャンも値段交渉次第で…ってこともありますしね♪雰囲気だけでもいいから味わいたい…そんなスカジャン初心者さんには、まず手始めにフリーマーケットをおすすめします。

またフリーマーケット利用時の注意点としては、スカジャンなどの衣類の場合は、事前に汚れやほころびを念入りにチェックしてから買いましょう。

ネットオークション

フリーマーケットと同様、掘り出し物のスカジャンが見つかるかもしれないのが…ネットオークションネットオークションでも、新品が手頃な値段で出品されていることもあります。

パソコン東洋テーラーなどの有名ブランドのスカジャンも結構出品されるので、安く買いたいならネットオークションがおすすめです!ただ、直接お店などに行って買うのと違い、サイズ合わせに困るのがネットオークションの欠点ですね…。

けれど、ここは通販と同じ!出品者(通販の場合は管理・責任者)に連絡を取り合い、サイズをしっかり確認してから落札するようにしましょう。
スカジャン購入に限らず、ネットオークションを利用するときは、「写真が記載されているか」「出品物に対してのコメントがしっかりされているか」など、いい出品者かどうか…ということを見極める力が落札する側に求められます。