生地刺繍デザイン

お手入れ

クリーンスカジャンも長く着ていると、次第に汚れてきます。特に刺繍が施してある部分は、汚れがどうしても目立ってしまうので気をつけなければなりません。

そんなに頻繁にお手入れする必要もありませんが、うっかり汚してしまった場合などは、簡単なお手入れ方法を知っておくと助かりますよ。


自宅でのお手入れ方法

正直、スカジャンを自分で洗う…というような人はあまりいないでしょう。大きさの違いこそあるものの、スカジャンの多くは何らかの刺繍が施されています。

自分で洗うと、それが取れてしまったりすることも考えられるので、ほとんどの人がクリーニングに出します。

けれど、「お気に入りのスカジャンは、やっぱり自分の手で洗いたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで、自宅での洗濯のしかたを載せておきましょう。

まずは、スカジャンを裏返しにしましょう。
リバーシブルでどちらが裏か分からないときは、刺繍のない(または少ない)ほうを外側にしてください。
必ず洗濯ネットに入れて、洗濯機にかけましょう。
洗うときの流水の強さは、一番弱く設定しましょう。
洗剤は、無漂白のものを選びましょう。
間違っても漂白剤は絶対に使わないように!
乾燥機を使わずに、自然乾燥しましょう。
干すときは竿に刺繍をひっかけないように気をつけてくださいね。
アイロンをかけたりしないでください。
自然乾燥しても、シワになりにくい生地が使われていることが多いので、刺繍がほつれてしまったり、生地の種類によっては溶けてしまうこともあります。

刺繍がほつれたら、どうする?

ボンド自宅でお手入れ(洗濯)してはみたものの、気がついたら刺繍の部分がほつれていた…。または着古してしまって、自然にほつれてきた…。刺繍の部分は、スカジャン全体で一番繊細な箇所と言ってもいいでしょう。それゆえに、傷みやすいものですよね。

刺繍がほつれてしまったときの修繕方法を見てみましょう。

プロの手できれいに!

よほど急いでいるとか、そういった場合以外は、自分でお手入れせずにクリーニングに出すことをおすすめします。

特に、それがスカジャンを着ない時季なら尚更です。クリーニング店では、刺繍のほつれにもちゃんと気を配りながら、洗ってくれます。それだけでなく、クリーニングに出せば「色が落ちてしまった」とか「手触りが変わってしまった」など、スカジャンを洗濯するときの様々なトラブルに悩まされることも少なくなります。

なんと言ってもプロの手にかかれば、その仕上がり具合にも違いが出てくるはず!大事なスカジャンは、お金を惜しまず、クリーニングに出してくださいね。

保管方法

スカジャンの保管方法は、カバーをかけて箱などに入れておいてもいいですが、たたんでしまうとシワになってしまう可能性もあるので、できればカバーをかけたまま、クローゼットなどに吊るしておくのがいいでしょう。その際、防虫剤とともにしまっておけば、大事なスカジャンが虫に食われた…なんてことも無くなります。