生地刺繍デザイン

生地

クロススカジャンの生地としては主に、サテンと別珍(べっちん)が使われています。

最近は、キルティングの生地も人気が出ています。サテンや別珍と違い、キルティングはスカジャンの裏地に用いられることが多いですね。

ここでは、スカジャンの生地の種類を紹介していきましょう。

サテン

朱子織りのなめらかで、光沢のある生地のことをサテンといいます。サテンの最大の魅力は、そのキレイな光沢!美しい光沢の秘密は、使っている糸と織り方にあります。

サテンは縦・横両方とも絹糸を使い、糸の交差をできるだけ少なくして、さらに浮かせるようにして織っているので、つややかな光沢…さらにはツルツルとした手触り感までもが生まれるのです。このように糸の交差も少なく、全体的にふんわりとした織り方になっているため、生地自体の強度はあまりありません。

それでも、その美しさが多くの人を魅了しています♪なかでも、白いサテンの生地はブライダル用に最適と言われています。昔から高級な生地として珍重されてきたサテンですが、今では様々な加工を施したものがコートの裏地をはじめ、スカジャンやシャツ、スカート、ワンピースなどの普段着にも使われ、定番の生地になりました。

別珍

別珍は、ベルベティーンの日本名です。生地の表面にわざと毛羽立ちを作っていて、ふんわりと柔らかい手触りで、ちょっと厚手の生地になります。

別珍「綿ビロード」とも言われることからも分かるように、別珍の素材は主に綿を使い、横糸でパイル(羽毛)を作り織り上げてからこのパイルをカットして織物の表面に毛羽を立たせています。ギラギラしない優しい光沢感が人気で、スカジャンにもよく見かける生地ですね。

別珍のような上品な雰囲気の生地には、少し派手めの刺繍を選んでみてもいいでしょう。そのほか、カジュアルな洋服や装飾品、帽子、着物を着るときのコートのも別珍が多く用いられます。ただ、毛羽立ちが特徴のため、静電気によってゴミがつきやすくなるのが困りますね…。

別珍とキルティングを合わせたものなら、「少し時季外れ?」と思うようなときでも、意外と暖かく着ることができますよ。

キルティング

キルティングは、表、芯、裏の3枚の布を一緒に重ねて刺し縫いするものをいいます。また、キルトトップと裏布にミシンや手刺しでステッチをかけ、間に綿や毛糸などを入れて、浮彫り模様を描く技法のことも指します。

趣味でキルティングを楽しんでいる人も多いですよね♪キルティングの生地は丈夫で保温性、防寒性に優れています。さらにデザイン性にも優れているため、そのほとんどがリバーシブルになっているスカジャンの生地としても、高い人気があります。

リバーシブルのスカジャンだからこそ、キルティングの機能性だけでなく、デザイン性も生きてくるのでしょう。キルティングの起源もアメリカとされているので、そんなところでもスカジャンとのつながりがあるのかもしれません。

スーツ地

ここで、ちょっと珍しいスーツ地のスカジャンを紹介しましょう。ポリエステルやレーヨンなどを混合して作られたスーツ地を使ったスカジャンもあるんですよ。

ワイルドで豪華な印象が魅力のスカジャンですが、なかにはそのワイルドさが苦手な人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、落ち着いた雰囲気のスーツ地のスカジャンです!
本来のスカジャンが持つワイルドさの中にも、ドレッシーさが見え隠れする上品な印象を与えます。きれいめのスーツ地スカジャンなら、カジュアルにもフォーマルにも着こなせます。
インナーやボトムストも合わせやすいのが嬉しいですね!