生地刺繍デザイン

デザイン

デザインスカジャンには、様々な絵柄が刺繍されていますが、一体どういったデザインがあるのでしょうか?

もともと日本のお土産として作られたものなので、多くは和風のデザインになります。ですが、最近は洋風のデザインも見かけるようになりましたね。ここでは、スカジャンの3大モチーフとされるデザインを紹介しましょう。


虎(とら)

スカジャンの定番デザインとしてお馴染みの虎、その迫力から多くの人に好まれています。虎はアジア大陸一体に生息している、ネコ科では最大の動物と言われています。

虎虎をモチーフにしたデザインは、日本独自のものではありませんが、虎は昔からアジアの動物としてアメリカやヨーロッパの人には特に人気が高かったのでしょう。

スカジャンのワイルドなイメージにもぴったりのデザインですよね!デザインだけではなく、もちろん実物も迫力満点の動物です。

世界的に絶滅のおそれがあって、20世紀のはじめには、10万頭もの虎が生息していたと考えられていますが、今では約4000頭にまで減ってしまいました。そのため、世界中で保護活動が盛んに行われています。

龍(りゅう)

スカジャンの3大モチーフの一つとして、龍も挙げられますね。みなさんご存じの通り、龍は実在の生き物ではなく、中国の伝説上の生き物と言われています。古くから、とても神秘的な生き物だと考えられてきました。

龍龍は他のモチーフとともにデザインしやすく、なかでも次の項目で紹介する鷲や、ほかにも鷹などとの組み合わせが定番になっています!生きているかのように動きのある龍ですが、そのダイナミックさとともに、どことなく上品さも漂います♪

なので、龍がデザインされたスカジャンは男性だけでなく、女性にもおすすめですよ〜!

龍は水中や地中に住んでいるとされ、鳴き声で雷雲や嵐を呼び寄せ、竜巻となって天に昇っていくと言われています。

鷲(わし)

3大モチーフの最後に紹介するのは、鷲。虎、龍と並び、鷲も人気のデザインです。鷲の凛々しい風貌を好む人もたくさんいるでしょう。

鷲鷲のデザインはわりとうるさくなく、シンプルなのが特徴ではないでしょうか。それも、かっこいい鷲そのものを引き立たせるためかもしれませんね。

龍と同じように鷲も、女性に人気のデザインとして親しまれています♪鷲はタカ目タカ科に属する鳥の中でも、比較的大きな目の鳥を鷲といいます。

反対に、比較的小さな目の鳥は鷹に分類されますが、はっきりとした区別はありません。

「鳥の王者」とも言われている鷲は、アメリカ合衆国やメキシコなどでは国鳥に認定されているんですよ。鷲と同じ猛禽類には、これまたスカジャンの刺繍のモチーフとして好評の鷹もいます。

その他・好まれるデザイン

3大モチーフとして、スカジャンの定番デザインを紹介してきましたが、ここでそのほかのデザインも見ていくことにしましょう。和風のデザインでは、日本地図、五重塔、舞妓、富士山などの“まさに日本的!”というようなデザインが根強い人気を誇っています。

特に、舞妓柄は3大モチーフに次いで多くの人に人気があるんですよ!ほか、日本のシンボルとして、富士山もはずせません。一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)をデザインに取り入れたスカジャンなどもあります。
これは、初夢に見ると良いことがあると古くから言い伝えられています。そんな縁起のいいスカジャンを探してみるのもいいのではないでしょうか。般若も、特に男性には多く支持されているデザインですね。また、最近は女性に好まれそうなデザインや、洋風のデザインも増えています。
餅つきをするウサギ、フラダンスをする女性がモチーフになったハワイアン柄、人魚姫、様々な動物のキャラクターものも好評です!